そばかすに効く化粧品 記事一覧

そばかすを消す!トレチノインとハイドロキノンの効果的な塗り方。

更新日:

 

灰をばらまいたかのように、お肌に点在するそばかす。

気にはなるものの、市販の美白化粧品ではなかなか消えないし、レーザー治療は怖いし…でも早くそばかすのなやみから解放されたいですよね。

そばかすは、トレチノインとハイドロキノンとを併用すれば、美白化粧品にプラスして使う事で比較的早いペースで効果を実感することができます。

ここでは、トレチノインとハイドロキノンの効果と使い方とをご紹介します。

 

トレチノインの効果と副作用。

トレチノインとは?

トレチノインは、お肌の健やかさを保つビタミンAの誘導体です。

なんと通常のビタミンAの、約100倍もの働きをします。

高い美白効果がありますが、その作用の激しさから間違った使い方することで、逆に肌トラブルを起こす事もあります。

その為、日本では市販されておらず、医師に処方してもらうか、海外から輸入出来るサイトから購入する必要があります。

トレチノインの副作用や使い方などは、医師の指導のもと、または正しい知識を持って使用するようにしましょう。

 

トレチノインの効果

トレチノインをお肌に使用すると、ターンオーバーのペースが急激にアップします

トレチノインの濃度にもよりますが、顔に塗り始めて数日で赤みが出たり皮が向けてくるくらいです。

すると、そばかすとして沈着しているメラニン色素が、

  1. どんどん外に押し出され
  2. 最終的にはお肌から排出され
  3. そばかすは薄くなっていきます。

このように、既にできてしまったそばかすの原因となるメラニン色素をお肌から排出する効果が、化粧品とは比べ物にならないくらい高い効果があります。

 

トレチノインの副作用

このように、とても強力な美白作用があるトレチノインだからこそお肌に与える負担も多めです。

使いすぎたり、使い方を間違うと、お肌が炎症を起こしてしまうことがあるんです。

炎症によって、お肌では新しいメラニン色素が作られます。

せっかく追い出しても、再び作られたのでは意味がないですよね。

そのためトレチノインを使う時には、メラニン色素の生成を抑えるハイドロキノンを併用することが大事です。

 

ハイドロキノンの効果と副作用。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを弱める美白成分です。

化粧品に使われている美白成分ビタミンCやアルブチンなどの100倍の美白効果があると言われています。

トレチノインと同様に、ハイドロキノンも高濃度のものになると、お肌への刺激や副作用の懸念もあるため、日本では市販されておらず、医師に処方してもらうか、海外から輸入出来るサイトから購入する必要があります。

日本では2001年の規制緩和で厚生労働省により2%以下までが化粧品でも使えるようになりました。

 

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンはメラノサイトに対する毒性があるので、これをお肌に与えると、その部分ではメラニン色素が作られにくくなります

そのためトレチノインの炎症対策に、とても役立つのです。

またハイドロキノンには、既に作られてしまったメラニン色素の色を薄くする作用もあります。

万が一トレチノインの刺激でメラニン色素が生成されても、ハイドロキノンを使っておけば、そばかすとして沈着するリスクが低くなります。

この点からも、トレチノインとハイドロキノンの併用は、美白ケアにとても効果的とされているんですね。

 

ハイドロキノンの副作用

濃度が4%未満ハイドロキノンはトレチノインに比べると、使用しているうえではそこまで目立った副作用はありません。

一つ注意が必要なのは、ハイドロキノンは「光毒性」がある点です。

ハイドロキノンを塗った後に日焼け止めを使わずに紫外線を浴びてしまうと、シミやそばかすが濃くなってしまう原因にもなります。

  • 日中にハイドロキノンを使わない。
  • 日中にハイドロキノンを使う場合は、日焼け止めを塗る。

という点に注意しましょう。

ハイドロキノンについてもっと詳しく!

ハイドロキノンでシミを消す!副作用から学ぶ正しい使い方。

 

トレチノインとハイドロキノンの効果的な塗り方は?

トレチノインとハイドロキノンを使う順番

 

  1. 洗顔
  2. 普段のスキンケア
  3. トレチノイン
  4. ハイドロキノン

トレチノインは、洗顔後のお肌に化粧水や乳液を塗ってから使用します。

ワンクッションを置いてから塗ることで、お肌を刺激から守る効果があります。

 

トレチノインの塗り方

また、塗る時には綿棒の先にトレチノインをつけ、そばかすができている部分にのみ、チョンチョンと軽く押し当てるようにして塗ってください。

そばかすからはみ出ないように、そしてトレチノインが盛り上がらないように、薄く塗ることがポイントです。

トレチノインは刺激が強く、塗った箇所は皮膚が抜けてくるので、通常のお肌には影響を与えないようにするためです。

 

ハイドロキノンの塗り方

トレチノインを塗ったら、次は綿棒の反対側を使って、ハイドロキノンを塗ります。

トレチノインと同じように、そばかすにピンポイントでチョンチョンと塗ってください。

ハイドロキノンも、できるだけ薄く塗ることが大事です。

刺激が強い成分なので、塗りすぎると肌トラブルの原因になることもあるので注意しましょう。

 

塗るタイミングやペース

トレチノインとハイドロキノンは、最初は1日に2回、朝と夜の洗顔後に塗ります。

すると2~3日でターンオーバーが進み、そばかすが剥がれてきます。そうしたら、塗る回数を減らして、夜1回にします。

これは、剥がれることでお肌の防御力が下がるからです。その分トレチノインの刺激を受けやすくなるので、炎症防止のために塗る量を減らすのです。

お肌が剥がれた後も、そばかすが色濃く残っている場合は、メラニン色素がもっと深い部分にあるということです。

そこまで剥がさなければ除去できないので、お肌の状態が安定してから、再びトレチノインとハイドロキノンを1日2回塗るようにします。

これを続けていると、1~2ヶ月ほど続けて様子を見ましょう。

 

敏感肌の人は要注意。

そばかすが出来やすい肌質の人は敏感肌であることが多いです。

そのため、ハイドロキノンやトレチノインはお肌への刺激が強すぎる場合があります。

敏感肌が気になる場合は医師の指導の下で行いうようにしましょう。

 

そばかす専用クリームでそばかすケアを。

トレチノインとハイドロキノンは、

  1. お肌のターンオーバーを促進してメラニンを排出する効果。
  2. メラニン色素の生成を抑制する。
  3. 既に出来たメラニン色素を破壊する。

という3つを化粧品よりも強力な効果を発揮する事が出来ますが、その分副作用などのデメリットもあります。

しかし、そばかす専用の化粧品なら効果は緩やかな分、お肌に優しく副作用もありません

私が使っているそばかす専用クリーム「フレキュレル」は、敏感肌でも使えるようにつくられています。

その効果は、

  • お肌のターンオーバーを促進してメラニンを排出する効果。
  • メラニン色素の生成を抑制する。

という2つの効果でお肌に刺激を与えることなく、徐々に薄くする効果があります。

フレキュレルは1か月や2か月でそばかすを消す事は出来ないですが、長く使っている人は効果を感じている人が多いですね。

 

フレキュレルについてもっと詳しく!

フレキュレルの口コミを見る。

 

また、ハイドロキノンとトレチノインを使う前のスキンケアとしても使えます。

その場合は、

  1. フレキュレル
  2. トレチノイン
  3. ハイドロキノン

の順で使います。

トレチノインを使っていると皮がむけたりして、その部分に美容液や化粧水がピリピリとしみてしまう事があるので、低刺激のクリームタイプならその心配も少ないので安心して使えますね♪

 

フレキュレルはこちらから購入すると、29%オフでそばかすに効くサプリメントももらえるキャンペーン中です。

 

↓フレキュレルの購入はこちらから。↓

そばかすに効く化粧品ランキング

そばかす専用クリーム「フレキュレル」

  1. そばかすケア専用のオールインワンクリーム
  2. そばかすに効くトラネキサム酸を配合
  3. 敏感肌でも使える無添加で低刺激
  4. そばかすが出来やすいお肌を土台から改善
  5. 子供でも使えるくらい安心、安全

 

フレキュレルは、効率良くそばかすケアができることから注目されている美白化粧品です。

なぜならフレキュレルには、メラニン色素の生成を抑えつつ排出する、5種類の美白成分が配合されているからです。

  1. トラネキサム酸(メラニン生成の命令をブロックします)
  2. バイオベネフィティ(メラニン生成の遺伝子を抑えます)
  3. タイムエキス(お肌のバリア機能を高めます)
  4. アルピニア アカマツダイ種子エキス(メラニン合成を防ぎます)
  5. シュガースクワラン(メラニンの排出を促します)

こんな人におすすめ

  • 大人になってからそばかすが悪化した人。
  • 子供のそばかすケアに。
  • 子供のころからあるそばかすを悪化させたくない人。
  • スキンケアに何本も化粧品を使うのは面倒な人。

ビーグレン(ホワイトケア)

  1. シミ、そばかす専用のスキンケア化粧品
  2. 美白成分のハイドロキノンを低刺激で浸透させられる
  3. そばかすだけでなく様々な肌トラブルに対応

アンプルール

  1. シミ、そばかす専用のスキンケア化粧品
  2. ハイドロキノンが高濃度で配合されたスポッツ美容液
  3. 化粧水、美容液、クリームにハイドロキノン配合

-そばかすに効く化粧品, 記事一覧
-, , , ,

Copyright© そばかすに効く化粧品の口コミランキング , 2019 AllRights Reserved.