そばかすが出来る原因 記事一覧

そばかすはほくろになるのか?そばかすが多い人にホクロが出来やすい?

更新日:

そばかすもほくろも遺伝性

そばかすのある人は、その親にもそばかすがあることが多いです。

そしてほくろの場所も、実は親子で似通っています。これは、そばかすやほくろが遺伝するものだからです。

そばかすもほくろも、メラニン色素が多く作られることでできます。

メラニン色素は、肌の細胞を紫外線などの刺激から守るために作られます。紫外線は皮膚がんの原因にもなりますが、そのリスクをメラニン色素が減らしてくれるんです。

もちろん肌細胞は、それほど簡単には紫外線に負けません。お肌が、そのように作ってくれます。

でもお肌は広く、その中には弱い細胞しか作ることができない部分もあります。そしてこの弱さは、親から子へと遺伝します。

こういった部分で、そばかすやほくろができてしまうんです。

 

そばかすとほくろの違い

そばかすは、お肌の比較的浅い部分でメラニン色素が作られることでできます。

全身どこにでもできますが、紫外線を浴びやすい顔には、特によくできます。

浅いので、ターンオーバーで薄くなることもあります。

また、大人になって肌が丈夫になると、作られにくくなります。ターンオーバーとの相乗効果で、完全に消えることもありますよ。

それに対してほくろは、お肌の深い部分で大量にメラニン色素が作られることでできます。

量が多いので、そばかすと比べると色が濃く、簡単に見分けることができます。

メラニン色素が大量に作られるということは、それだけその部分が弱いということです。簡単には克服できないほど弱いので、ほくろは大人になっても残ることがほとんどです。

むしろ、増え続けるメラニン色素で膨らんでくることもあります。

 

濃くしないようにケア

このようにそばかすとほくろは、性質は似ていても、見た目は大きく異なっています

でも、浅い部分にできるそばかすでも、ケアを怠っているとほくろのようになってしまうことがあります。

たとえば紫外線を浴びせ続けていると、肌細胞を守るために、それだけ多くメラニン色素が作られます。すると、そばかすはどんどん色が濃くなってしまうのです。

しかもそばかすは、ほくろと違って、広範囲にパラパラと散らばるようにできます。そのひとつひとつが、ほくろのように色濃くなるなんて…想像しただけでも怖いですよね!

そのためそばかすは、浅いからと油断せずに、しっかりとケアをすることが大事です。

できるだけ紫外線を浴びせないように気をつけていれば、そばかすはそれだけ目立ちにくくなります。ターンオーバーで消える可能性も、高くなりますよ。

そばかすに効く化粧品ランキング

そばかす専用クリーム「フレキュレル」

  1. そばかすケア専用のオールインワンクリーム
  2. そばかすに効くトラネキサム酸を配合
  3. 敏感肌でも使える無添加で低刺激
  4. そばかすが出来やすいお肌を土台から改善
  5. 子供でも使えるくらい安心、安全

 

フレキュレルは、効率良くそばかすケアができることから注目されている美白化粧品です。

なぜならフレキュレルには、メラニン色素の生成を抑えつつ排出する、5種類の美白成分が配合されているからです。

  1. トラネキサム酸(メラニン生成の命令をブロックします)
  2. バイオベネフィティ(メラニン生成の遺伝子を抑えます)
  3. タイムエキス(お肌のバリア機能を高めます)
  4. アルピニア アカマツダイ種子エキス(メラニン合成を防ぎます)
  5. シュガースクワラン(メラニンの排出を促します)

こんな人におすすめ

  • 大人になってからそばかすが悪化した人。
  • 子供のそばかすケアに。
  • 子供のころからあるそばかすを悪化させたくない人。
  • スキンケアに何本も化粧品を使うのは面倒な人。

ビーグレン(ホワイトケア)

  1. シミ、そばかす専用のスキンケア化粧品
  2. 美白成分のハイドロキノンを低刺激で浸透させられる
  3. そばかすだけでなく様々な肌トラブルに対応

アンプルール

  1. シミ、そばかす専用のスキンケア化粧品
  2. ハイドロキノンが高濃度で配合されたスポッツ美容液
  3. 化粧水、美容液、クリームにハイドロキノン配合

-そばかすが出来る原因, 記事一覧
-

Copyright© そばかすに効く化粧品の口コミランキング , 2019 AllRights Reserved.